みなさんの中には「ラグビー=激しいスポーツ」というイメージを
お持ちの方が多くいらっしゃると思います。

しかし、小中学生が安全にプレーできるよう、ルールが工夫されています。
また、指導者も他のスポーツ以上にケガの防止に留意をしていますので、
安心してプレーを楽しむことができるのです。

加えてラグビーには、いろいろなタイプの選手が活躍できる場があります。
走力の高い子にはその子なりの役割が、
体重のある子にはその子なりの役割がきちんとあります。
「体を動かすのはちょっと…」とあきらめることはありません。

さまざまなタイプの選手が力を合わせ、
「一人はみんなのために、みんなは一人のために―One for All, All for One―」の精神でプレーする―。
それが他のスポーツにはない、ラグビーのよさであると思っています。

鹿児島オールブラックスでは、ラグビーを通して子供たちに
「仲間同士助け合うことの良さ!」「目標に向かって精一杯努力することの素晴らしさ」を
伝えたいと考え、楽しみながら基本を実につけることができるよう工夫した指導を行っています。